ブラック(黒)に染める

男性の白髪を黒く染めるには、髪の中まで染料をいれて白髪を染める必要があります。

ヘアカラーやヘアマニキュアと呼ばれる、髪の表面に色をつけて白髪を目立たなくする「染色」ではなく、「染毛」という仕組みを使う白髪染めならば、自宅で自分で白髪を黒く染めることが可能です。

「染毛」は髪や肌への刺激が強かったり、染め上がりが真っ黒で不自然になってしまうようなものもありますが、髪や肌に優しく、成分のいい白髪染めを選べば、刺激が少なく、また不自然に真っ黒になってしまうことなく、白髪も地毛も区別がつかないように白髪染めができます。

自宅で自分で白髪染めができ、さらに髪に優しく、成分がよくて、自然に髪が黒くしっかり染まる白髪染めは残念ながら数が少ないのですが、マルベールロイヤルカラーならおすすめできます。

マルベールロイヤルカラー マルベールロイヤルカラー (ブラック)

月に1回使用します。染毛剤が泡立ってシャンプーのようになるので、自宅で自分で頭部全体がムラなくきれいに染められます。

髪の主成分「ケラチン」と似た成分を持つ、桑の根の皮から抽出した毛髪保護成分クワエキスが90%配合されていて、髪と地肌を保護するようになっています。

タグ

2010年9月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:男性用白髪染め

男性用の白髪染めに求めること

おすすめ

男性用の白髪染めを選ぶ時には、

  • 色が染まりすぎて不自然に!
  • 急に髪の色が変わり、まわりの目が気になる!
  • 生えてきた白髪と染めた部分の境目がくっきり!

なんてことがないようにしたいですよね。

自然な白髪染めなら断然ヘアカラーがオススメ!

白髪白髪染めは、髪の色を脱色して染料を髪の内部まで入れるので、白髪と地毛の色が同じになり、白髪がわからなくなりますが、反面、しっかり染まりすぎて見た目がやや不自然になってしまうのです。

その点、ヘアカラーというものは、髪の表面に染料がしみこんで発色するので、髪にだんだんと色がつき、いつのまにか自然に白髪が目立たなくなってきます

ヘアカラーの使い勝手

ヘアカラーヘアカラーの使い方はとても簡単で、シャンプーした後の髪にリンスのようにつけて数分おくだけという手軽なものもあります。

それを毎日~数日おきに使う事で、髪の生え際や分け目に見えてきてしまう白髪も染まり、いつも全体的に白髪が目立たない理想的な状態をキープできます。

男性用のヘアカラー

男性用となっているヘアカラーは選べるほど数がありませんが、基本的に男性用と女性用で中身に違いはなく、どれでも男女兼用できるんだそうです。

でも、女性風な香りがあるものはとても使えませんよね。

ということで、無香料のヘアカラーを選べば大丈夫です。

抜け毛や薄毛、ハゲにはなりたくない!

白髪を染めるとなると、どうしても髪や頭皮への刺激が強くなります。

刺激のせいで抜け毛や薄毛になるのはなんとしても避けたい‥となると無添加・無香料で髪や肌にやさしいヘアカラーにこだわりたいです。

昆布そんな望みをすべてかなえてくれるのが『RKヘアカラートリートメント』です。

使い方が手軽な上に、昔から髪にいいと言われている昆布のエキスが入り、髪のケアと白髪染めが一度に完了です!

イチオシ




タグ

2010年9月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:男性用白髪染め

このページの先頭へ